「日本語知らぬ」22000人 公立小中高校の外国人 過去最多 九州・山口は423人

mytest

「日本語知らぬ」22000人 公立小中高校の外国人 
過去最多 九州・山口は423人
8月1日10時7分配信 西日本新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070801-00000009-nnp-soci
Courtesy of Matt Dioguardi

 九州・山口の公立小中高校に在籍し、日本語の指
導が必要な外国人児童生徒が昨年9月現在で計42
3人に上り、4分の1の105人は指導自体を受け
ていないことが31日、文部科学省の調査で分かっ
た。全国では同児童生徒が2万2413人と過去最
高に達し、14%が指導を受けていないことも判明
した。同省は対策を検討する有識者会議を設置、9
月に初会合を開く予定。

 日系人労働者の増加などが要因。日本語の理解が
乏しい児童生徒は愛知が最多で4089人。次いで
神奈川2404人、静岡2343人、東京1762
人の順だった。全体で前年同期より8%増え、4年
連続の増加となった。

 九州・山口では、福岡が211人と最多。次いで
熊本55人▽山口41人▽大分36人▽鹿児島26
人▽宮崎22人▽長崎21人▽佐賀11人‐だった。

 母国語別では、全体でポルトガルが38、5%と
トップ。中国、スペインを含む3つの言語で全体の
7割以上を占めた。九州・山口では、同児童生徒の
数が横ばい傾向にあるものの、中国が全体の4割を
占め、日中関係の緊密化がうかがえた。

 各自治体は、日本語指導員の派遣や特別講義など
に取り組んでいるが、「財政難で教員増は難しい。
児童生徒の在籍期間が短い場合もあり、中長期的対
応は取りにくい」(熊本県教委)との声も上がって
いる。
=2007/08/01付 西日本新聞朝刊=
ENDS

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>