SOUR STRAWBERRIES「知られざる日本の外国人労働者」ドキュメンタリー 全国ロードショー(プレスリリース)

mytest

Handbook for Newcomers, Migrants, and Immigrants to Japan\Foreign Residents and Naturalized Citizens Association forming NGO\「ジャパニーズ・オンリー 小樽入浴拒否問題と人種差別」(明石書店)JAPANESE ONLY:  The Otaru Hot Springs Case and Racial Discrimination in Japansourstrawberriesavatar
========= プレス リリース =============

DEBITO.ORG 号外 2009年3月13日発行 (転送歓迎)

//////////////////////////////
「サワー・ストロベリーズ 〜知られざる日本の外国人労働者〜」
ドキュメンタリー全国ロードショー
//////////////////////////////

3月21日〜31日(東京・筑波・名古屋・彦根・大阪・岡山・熊本ないし4月札幌)
ご出席・ご取材大歓迎

 2008年3月に東京で撮影された、日独合作のドキュメンタリー映画(60分)。日本で自らの人権のために戦う外国人労働者たちが、その体験を語っている。日本で暮らす外国人労働者や移民たちを様々な角度から捉え、異なる国籍・階級を持つ人びとの運命を3部構成で照らしだす。
 また、政治・経済界の専門家や関係者たちにインタビューをおこない、移民問題の実情も紹介している。
インタビュー出演者:
● ガブリエル・フォーグト(ドイツ・日本研究所)
● 河野太郎(自民党・衆議院議員・元法務副大臣)
● 井上洋(日本経団連産業本部産業基盤グループ長)
● マルテイ・ツルネン(民主党・欧米出身の日本国籍取得者では初の参議院議員)
● 有道 出人(意識高揚家、著者、英字新聞ジャパンタイムズのコラムニスト) ほか
写真、プロモーションはこちらです:
http://www.debito.org/SOURSTRAWBERRIESpromo.pdf
映画の予告編(和英・3分)
http://www.vimeo.com/2276295
 ロードショーの上映前後、司会有道 出人は各場所でディスカッション(和英)を指揮します。映画は和英音声・字幕。
(もっと詳しくは上映日程の後)

========= ========= ========= =========

上映日程(行き方はリンク先をご参考に)

========= 関東地方 =========

秋葉原: Sat March 21, 5PM Second Harvest Japan Offices
http://www.2hj.org
スポンサー: Second Harvest Japan

筑波: Sun March 22, 夕方上映(市議会議員ヒース氏の打ち合わせ中)
スポンサー: 筑波市議会議員 Jon Heese (http://aishiterutsukuba.jp/)

東京新橋: Mon March 23, 7PM at NUGW 本部
http://nambufwc.org
スポンサー: National Union of General Workers

高田馬場: Tues March 24, 7:30 PM at Ben’s Cafe
http://www.benscafe.com
スポンサー: Amnesty International AITEN
http://www.amnesty.or.jp/
http://groups.google.com/group/aiten

========= 中部地方と関西地方 =========

名古屋: Weds March 25, 6PM 名古屋大学
18:00〜 映画の上映「サワー・ストロベリーズ 〜知られざる日本の外国人労働者〜」_19:00〜 有道先生を司会として質疑応答・懇談_20:00 終了予定◎ 会場 ◎ 名古屋大学職員組合事務局会議室。 名古屋大学内工学部二号館北館332号室 TEL 052−789−4913(内線 4913) 地下鉄名城線「名古屋大学」駅下車3番出口よりすぐ。キャンパスマップ30番の建物です。→ 
http://www.nagoya-u.ac.jp/camp/map_higashiyama/
スポンサー: 名古屋大学職員組合

彦根: Thurs March 26, 1PM to 3PM, 滋賀大学
(連絡先: Dr Robert Aspinall at aspinall_robert AT hotmail DOT com)

大阪: Thurs March 26, 7:30PM The Blarney Stone, Osaka
http://www.the-blarney-stone.com
スポンサー: Osaka Amnesty International, Osaka JALT, Democrats Abroad Japan, EWA Osaka

========= 中国地方と九州 =========

岡山: Sat March 28, 日本語講演 (1:30PM) then English (3:30PM),
岡山市表町三丁目14番1-201号(アークスクエア表町2階).
http://www.city.okayama.okayama.jp/shimin/danjo/center/
スポンサー: Okayama JALT.

熊本: Tues March 31, 2PM, 熊本学園大学 第14ビル, 1411 (1階)
スポンサー:熊本学園大学

========= 北海道 =========

札幌:April 2009, 北海道国際ビジネス協会 (HIBA)(取り合わせ中、日程は後日発表)

=============================================

 皆様にご連絡:監督らにプロダクション費用を若干相殺するために、各上映はカンパの形態で500円をお願いいたします。それに、この映画を教材にしたければ、現場でDVD50枚を発売しております。1500円(税込み)
 監督 Tilman Koenig氏 と Daniel Kremers氏 は当日欠席ですが、直売・上映・放送ライセンシングなど、直接ご連絡の場合、 email koenigtilman@googlemail.com と daniel.kremers@gmx.de (日本語可)
司会有道 出人(あるどう でびと)はdebito@debito.org まで、携帯:090-2812-4015
 上記の場所以外の上映は大歓迎。ご連絡下さい。

See you in late March! 宜しくお願い致します。
Arudou Debito in Sapporo

もっと詳しく
=============================================
「サワー・ストロベリーズ 〜知られざる日本の外国人労働者〜」の主旨

 第1部ではペルー人女性とボリビア人男性を例に、日系人が置かれている特別な状況を取り上げる。日系人には1990年以降、無期限で日本に滞在し働くことが許可されている。しかし彼らの多くは、日本人が就きたがらない職業に非正規雇用として従事しており、日本社会での立場も「ゲスト」のままだ。

 第2部。撮影チームは有道出人の案内で、新宿へとやって来る。日本のあちこちで近年増えているのが、外国人の遊技場やプールなどへの入場を拒む看板。有道は「Japanese Only」と書かれた看板をめぐって、ある性風俗店のマネージャーに疑問を投げかける。

 第3部では、労働組合の活動に携わる鳥井一平が登場する。鳥井が書記長を務める全統一労働組合には2000人を超える外国人が加入しており、その多くはオーバーステイだ。鳥井は、交渉相手に瀕死の火傷を負わされた事件や、ときには警察や組織的な犯罪にも立ち向かう全統一の活動を語る。

 鳥井の紹介で撮影チームは、研修先から逃げ出した3人の中国人研修生と知り合う。彼らに話を聞くうちに、かつての雇用主が彼らを「国外追放」しようとした事実が明るみに出る。全統一メンバーは、成田空港でこの模様を撮影していた。本作品の終わりでは、この映像が効果的に使用されている。

企画・脚本・編集:ティルマン・ケーニヒ、ダニエル・クレーマース
撮影:ティルマン・ケーニヒ、松村真吾、アレクサンダー・ノール
録音:松村真吾、アレクサンダー・ノール
コーディネーター:松村真吾
音楽:坂本弘道
広告デザイン:ガブリエレ・ラーダ、フィリップ・ヴァインリヒ
字幕:鈴木智(日本語) フランク・アンドレス、余晴(中国語)
ドイツ語・日本語・英語(日本語字幕)/60分

PRESS RELEASE ENDS

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>